黒毛和牛ステーキ中山@奈良市東寺林町

f0079927_2246735.jpg 仕事の催し事があり、その打ち上げでステーキ中山というステーキハウスに同僚たち9人と食べに行ってきました!
 このお店、奈良では非常に評判の高い、グルメが唸る噂のお店なのです。
 私もあるグルメの方から「あそこで出す肉はほんまにすごい!一定の高い等級以上のいい質の肉で、牝牛しか出さへんから。」と聞いていましたので、期待はいやが上にも高まります!
 今回は、仕事の代表にごちそうになりました。
 ありがとうございましたo(^-^)o
 なんと¥9,000のコースを注文していただいたのでした。
 まず、前菜です。
f0079927_22525386.jpg

 牛肉の刺身、たたきと野菜の取り合わせです。
 中央に見えるものは、湯葉で巻いてあるなど、凝っています。
 私は肉の部位名に詳しくないのでよくわかりませんが、ランプやイチボ(これも最初はイチゴと聞き間違えをしていました…)と呼ばれる珍しいものを出してくださっています。
f0079927_22545775.jpg
 次に「松茸が手に入りましたので」と、ホイル焼きを出してくださいました。
 さすが松茸、この香りだけはやめられません。
 次に大根にフォアグラを乗せたものが来ました。
f0079927_22563515.jpg

 フォアグラは美味しいですねぇ〜〜〜、やっぱり!
 しかし、どれもボリュームがあるので段々、お腹が苦しくなってきました…。
 と、そこへ味の雰囲気を変えたエビとホタテが来ました。
f0079927_2259930.jpg
 こういう嗜好の変え方が絶妙です。
 エビもホタテもプリン!としていて、ついついパクパクっと食べてしまいました。
f0079927_2303656.jpg
 そして、さらに今度は野菜づくしです。
 これまた食感の違う野菜、こんにゃくを組み合わせてあり、揚げてあるもの、茹でたもの、蒸したもの、焼いたもの、と料理法も変えてありました。
f0079927_2323735.jpg
 さあ、ついにお待ちかねのお肉です。
 今回は、島根県産の和牛だとのことでした。
 手前がサーロイン、奥はフィレです。
 まぁ、なんて新鮮でツヤツヤしていることでしょう。
f0079927_2342784.jpg
 こちらは焼いてもらったサーロインです。
 なんだか脂身まで美味しく感じました。
 上に乗っているにんにくは、青森のホワイト六片(ろっぺん)というブランドにんにくなのだそうです。
 ほこっとしていて甘いにんにくでした。
f0079927_2364830.jpg
 こちらはフィレのステーキです。
 一口、口に入れたら…。
 とろけました。
 とにかく柔らかくて、もったいないぐらい早々にとろけてしまいます。
 この後、もやしとニラの炒め物が出てきました。
 もう本当にお腹がパンパンです。
f0079927_2382377.jpg
 さらにここでフカヒレのスープが出て参りました!!
 スープが後の方で出てくるなんて、珍しいですね、とお店の奥さんに聞くと、
「最初に出すと、お肉がお腹に入らなくなる人が多いので」
という、ごもっともなお話でした。
 コースの順序とは違うけれど、こういう気遣いは客としては大歓迎です。
f0079927_23111975.jpg
 次に五穀米とおつけものが来ました。
 「もうお腹がいっぱいなので、ご飯は軽く盛ってください」と、お願いしました。
f0079927_2313448.jpg 最後にデザートとコーヒーまたは紅茶です。
 お腹がいっぱいのはずなのに、やはりデザートは別腹なのです。
 ふはははは。
 しかし、笑ってる場合ではありません。
 このデザートもすごいボリュームでした(*_*)
 右は、グラスの下にあんこ、中央にフルーツいっぱい、そこに寒天がたっぷり、その上に黒ごまアイスクリーム、というカラフルで盛りだくさんな夏らしいデザートでした。
 左はクレームブリュレ。
 なんと、「うちはオーブンがないんで蒸し器で作りました」そうです。
 蒸し器でクレームブリュレがこんなにきれいに美味しく作れるとは!!
 参りました。
 私たちは、このデザートにとどめを刺され、討ち死にしたのでした。
 贅沢をさせてもらったディナーでした。
 ☆黒毛和牛ステーキ中山☆
 奈良市東寺林町7サンフェアリー1F-B
 TEL:0742-27-2911(要予約)
 11:30〜14:00(ランチコースが¥3,500程度であります)
 17:30〜(晩は¥8,500〜)月曜定休
[PR]
by odekakeyanko | 2007-07-16 23:22 | グルメ