あまりの寒さ故でしょうか、我が家の水道のガス給湯器はここ数日、ストライキ中です。
 食器を洗ったり、食事の支度をしたりするには、水道の水でも我慢できますが、お風呂は水風呂だと、この季節、つらすぎます。
 というより、自殺行為に近いかも…。
 そんなわけで、最近行き始めたのが生駒市と生駒郡の境目にある「音の花温泉」です。
 最初は、奈良市のスーパー銭湯(天然温泉だと謳っている)に行ってみたのですが、狭いし、暗いし、お湯ももう一つでしたので、ちょっとピンときませんでした。
 生駒にも何かスーパー銭湯みたいなものは無いのかなぁ、と思って、電話帳をめくってみました。
 すると、「音の花温泉」という所が1軒。
 小平尾町と書いてありました。
 道路地図で確認したら、国道168号線沿いのよう。
 それで、1週間ほど前に気軽に出かけてみたら、晩で暗かったこともあり、なかなか見つかりません。
 結局、その日はわからず、すごすごと帰宅しました。
 帰宅後、ネットで色々調べてみると、どの情報にも「場所がわかりにくい」「直前にならないと看板はない」…etc…。
 しかし、情報には「とてもよい泉質」「とろりとした美肌の湯」「食事処も、温泉のわりに美味しい」「鮨は新鮮でうまい」…etc.
 行きたくなるような情報ばかりです。
 それで、道案内の情報を載せてある温泉好きの方々のホームページを覚え込んで、地図をプリントアウトして、昼間に確認に行きました。
 さすがに、このときは無事に温泉もわかりました。
 近鉄東山駅のそばでした。
 温泉に入ってみると、噂通りのぬるっとした泉質で、お肌がしっとりすべすべになりました。
 お風呂が広くて、ゆったりできました。
 特に露天風呂は、日本庭園の造りもなかなか素晴らしく、露天風呂の中にさらに檜風呂があってユニークでした。←女湯のみだそうです。
 お食事も、蛸の唐揚げやお鮨を頼んでみたのですが、意外なほど美味しく、新鮮でビックリしました。
 のんびりしたくなったら、来たくなる温泉です。
 昼間は産地直売みたいなお店も駐車場の辺りで出ているそうです。
 そちらも一度は行ってみたいものです。
 
 
[PR]
# by odekakeyanko | 2006-02-14 21:19 | トラベル