タグ:パン作り ( 39 ) タグの人気記事

f0079927_202101.jpg

 ここのところ、オーブンでパンやお菓子を焼くとき、ついつい焼き上がる前にオーブンから目を離し、炭素化(つまりコゲた、ってこと)させてしまうことが多くありました。
 フランスパンは、焼成温度の加減と庫内に蒸気を保つのが難しいため、目を離してはいけないのですが、先日もやってしまったのでした。
 ダンナちゃまは、

 「いやいや、美味しそうやから食べるよ。」

 と、言ってくれました。
 かなりススだらけの「こげパン」だったのに…(T_T)
 ダンナちゃまに炭素ばかり食べさせてはいけない!とリベンジしてみました。
 しかも、今回はちょっと配合も自分なりに工夫してみて全粒粉を入れてみました♪
 バゲット、というより少し短いタイプですので、バタールといったところでしょうか。
 いつものように第一次発酵まではホームベーカリーの生地作りコースです。
 ご参考までに材料を…。

 フランスパン粉(リスドオル使用)220g
 全粒粉(グラハム粉) 80g
 砂糖 6g
 塩(ゲランドの塩) 5g
 モルトパウダー 6g
 白神こだま酵母(またはドライイースト) 6g
 水(30℃) 162g

 *予熱220℃、ベンチタイム20分、第二次発酵35分、焼成200℃で15分。

 今後の課題はクープ(パン上部の切れ目)をいかに巧く入れるか、です。
 今回はかなりグッと切れ込みを入れてみましたが、足りなかったようで、1本はクープに続いて表面が割れてしまいました。
 やはりナイフでクープを入れると無理があるようです(-_-;)
 クープナイフを買うほどでもないし…、次回はカミソリで試してみます。
 
[PR]
f0079927_21104277.jpg
 ダンナちゃまがちょっと高級なオリーブオイルを買ってくれました。
 「高級オリーブオイルもあることやし、フォカッチャなんて焼いてくれちゃったりなんかしたら、最高やねんけどなぁ」というリクエストがありました。

 私も久しぶりにフォカッチャを食べたくなり、早速、作ることにしました。
 いつも通り、白神こだま酵母を使い、第一次発酵まではホームベーカリーで、ベンチタイム以降、成形、第二次発酵、そして焼成は自分でやりました。

 フォカッチャは、天板に大きく広げて成形するので、とても気軽に作れます。
 トッピングはゲランドの塩とハーブです。
[PR]
f0079927_2216199.jpg

 むっふっふー♪(^-^)
 ダンナちゃまが仕事帰りに上本町駅のMeet Sweetsでまほろば 大仏プリン本舗(〒630-8264 奈良市鍋屋町2-1 2F tel:0742-23-7515 fax:0742-24-9119)の大仏プリンを買ってきてくれました。

 Meet Sweetsというのは、近鉄線の主要駅でお店を期間を区切って出店させて話題の美味しいお菓子を売っているコーナーなのです。
 なかなか買いに行けない有名店の出店が多く、お店も10日ほどで次々と替わりますから、楽しめます。
 近鉄奈良駅や大和八木駅でもやっていますので、他にもあるのでしょう。

 大仏プリンはご覧の通り、壺のようなビンに入っています。
 画像ではわかりにくいかもしれませんが、かなり大きいです。
 多分、5〜6人前でしょう。

 大きなプリン、というだけで盛り上がってしまいます!
 プリン、大好き〜♪
 しかも、この大仏様のイラスト、かわいらしくってほのぼのしていて、大仏様もプリンを食べたらこういう顔になると思います!

 ダンナちゃまと二人でスプーンをジャキーン!と用意し、壺の中のプリンを掘るようにすくいながら食べました。
 んん〜、おいちぃ!!

 大仏プリンはこのカスタードと大和茶、小サイズ(普通サイズ)は他にレアチーズ、ショコラ、カプチーノ、大和の地酒(春鹿酒造)、モンブラン、ヨーグルト、さくらんぼ、奈良八重桜、など種類豊富な上に、

四神獣古代米プリン

 もあります。
 ライス・プディングでしょうか?
 これは食べてみなければなりません〜!(^o^)

 さて、昨日に引き続き、カンパーニュの研究に余念のないやんこベーカリーです。
f0079927_2216212.jpg

 明日、仕事でお世話になっている方に差し上げる予定で気合いの入ったカンパーニュを焼いてみました。
 粉の比率は強力粉55%、全粒粉25%、ライ麦10%、焙煎五穀粉10%です。
 あとはゲランドの塩と三温糖、そして水、天然酵母(白神こだま酵母)です。
 気合いも入りましたが、クープも入りすぎました…(-_-;)
 Mother's Bakeryへの道は遠いです…(T_T)
[PR]
f0079927_20443436.jpg

 明日、お世話になっているお友達にプレゼントする紅茶パン(ミルクティー・ブレッド)を焼きました。
 久しぶりにミルクティー・ブレッドを焼いたので、うまくいったかどうか…。
 しかし、今日のようなパン作りに最適な高温多湿なら何とかなっているのではないかしら、と思っています。
 かわいくラッピングしてみました。

 さらに、家用にカンパーニュを焼いてみました。
 やはりMother's Bakeryのようなわけにはいきません。
 家庭用専門のやんこベーカリーならこの程度が関の山でしょう。
 今回はあっさりと強力粉、全粒粉、ゲランドの塩、三温糖、天然酵母(白神こだま酵母)、水のみです。

 いつもカンパーニュやライ麦パンのときはコルプ型という発酵カゴに生地を寝かせて第二次発酵をしています。
 買うときは収納場所のことなどでかなり迷ったコルプ型ですが、結局カンパーニュ用に丸型、ライ麦パン用に長方形型を選び、今では両方大活躍です。

 お店で売って焼いているようなわけにはなかなかいきませんが、石窯焼きの効果が出るらしいピザストーンに乗せてオーブンでじっくり焼きました。
 明日の朝食が楽しみです(^-^)
 
[PR]
f0079927_2032247.jpg

 今度の日曜日は父の日ですね〜。
 明日、実家に行くので手土産がてら父の大好きな「くるみレーズンパン」を焼きました。
 くるみもレーズンもどっさり入れました。
f0079927_20324154.jpg

 今回は、スペシャル☆ということで、ブルー・プラムのキルシュに漬け込んだ秘蔵のレーズンを使いました。
 天然酵母はいつもの白神こだま酵母です。
 今日も高温多湿でパンの発酵をさせるのには最適でした♪

 ダンナちゃまが、
「うちにも欲しいなぁ…」
 と、リクエストしてきたので、同じものを2斤焼きました。

 いつも使っている食パン型はフランスで手に入れたのですが、これで焼くと本当に火の通りがまんべんなく行き渡ります。
 しかし、以前は焼きムラが出ることに悩んでいました。
 特に側面と底面に「こんがり感」が足りませんでした。
 よもぎ食パン、抹茶食パンなどの色を見せたいパンは良いのですが、普通の食パンは美味しそうな焼き色が欲しいものです。
 今までオーブンで焼くときに天板の上に型を乗せていたのですが、それを使わない方がきれいな焼き色が付くことが今回わかりました(^-^)
 これからどんどん焼くぞー!!←調子に乗りすぎ
 
[PR]
 天然酵母を使ったパン作りに再び成功し始めて、調子に乗っています(^-^)/
 と言っても、いつもどおり第一次発酵まではホームベーカリーの生地作りコースで、ベンチタイム以降、焼成までは自分で頑張りました。
 白神こだま酵母は安定していてよく発酵するので、ありがたいものです。

 一昨日、ある店で『白神こだま酵母パン』を恭しく売っているのを見かけました。
 さすが、お値段の高いこと!
 よーく観察してきました(-_☆)v

 今日は、蒸し暑くなってきたので、すっきりとした抹茶食パンを作ってみました。
f0079927_224475.jpg

 甘納豆もミックスしました♪
f0079927_2243824.jpg

 もっと甘納豆を多めにしても良かったかもしれませんが、甘くなりすぎてしまうかもしれませんので、これぐらいにしました。
 夏に向けて段々と蒸し暑くなってくると、人間にはつらいですが、パン作りには最適な環境になってきます!
 さて、次はどんなパンを焼くか考えるのが楽しみです…(^-^)
[PR]
f0079927_1503179.jpg
 ここ最近、ずーっと天然酵母パン作りに失敗しておりました(T_T)
 ホームベーカリーのおまかせコースで食パンを焼いているのに、ふくらまないのはなぜ?!
 今までと同じ通りにしているのに、なぜ?!
 しかも気温も湿度も上がってきて、パン作りには最高なのに、なぜ?!
 
 天然酵母が死んでいるのか…
 こき使い倒しているホームベーカリーがついに壊れたのか…
 
 全然わかりませんでした。
 やはり生地作りコースで第一次発酵までホームベーカリーにまかせて、その後は自分で面倒をみてオーブンで焼いた方がうまくいくのか…

 とにかくホームベーカリーでドライイーストを使って食パンを焼いてみれば、機械が壊れているかどうかがわかるはずのなで、不本意ながらドライイーストを購入しました。
 早速、ミルク食パンを焼いてみたところ、ふくらみが小ぶりながらもちゃんと焼けていました。

 ということは、機械のせいではないような…

 じゃあ、やっぱり天然酵母のときは自分で成形してオーブンで焼いた方がうまくいくのかな、と思って、天然酵母はちみつソフトフランスパンを作ってみることにしました。
 材料の計量はいつも水から計ります。
 ホームベーカリー付属の計量カップに水を入れてみました。

 そのとき、ふと、
 「これ、本当に合ってるんだろうか…。」
 と胸騒ぎがしたのです。

 計量メーターで正確に計ってみたところ、

足りない

 ことが判明しました。
 思い当たるのは、先日、計量カップを食洗機の乾燥にかけてしまったことです。
 どうやら食洗機対応ではなく、カップは
目盛りごと縮んだ
 ようです。

 結局、それ以来、水の量が少なくてふくらまなかったようなのです。
 今回はもちろん、計量メーターで正確に計りました。
 はちみつの香りがなんとなく漂う柔らかめのタイプのフランスパン、焼き上がりました(^-^)
[PR]
f0079927_2122326.jpg
 さぁ、パンを焼こうと思って強力粉の袋を開けてみたら、量が足りなさそうでした。
 フランスパン粉は豊富にあったので、急遽フランスパンにすることにしました。
 バターなどの油脂を使わないので、低カロリーです。
 いつもの通り第一次発酵まではホームベーカリーの生地作りコースで作りました。
 今回はちょっと小さめに成形して第二次発酵をしました。
f0079927_21155955.jpg

 4つずつ2回に分けてオーブンに入れて焼いたのですが、手前側にある1回目のパンはクープが浅かったようで、焼いたら伸びて平らになってしまいました。
 クープは思い切って深めにした方が良かったようです。
 
[PR]
 今日はあいにくの雨になりましたが、思ったほど冷え込みませんでした。
 やはり春なのでしょう。
 そこで春らしいパンを焼くことにしました。
 よもぎ粉を友人からもらっていましたので、彼女にパンで御礼をすることにしました。
 よもぎプチ・パンです。
f0079927_1439529.jpg

 ここのところ、もうドライイーストはずっとやめていまして、今回も白神こだま酵母というドライタイプの天然酵母を使いました。
 この天然酵母は40℃以下のぬるま湯に溶かしてから使うのですが、気温が上がってきたらそれほど気を遣わずに水で溶いても良いようです。
 アルカリイオン水だとどうも発酵の調子が悪いので、竹炭で濾過した水を使っています。
 さて、相変わらず第一次発酵まではホームベーカリーの生地作りコースでしました。
 生地をいくつ分割するか、少し迷いましたが8分割にして、4つずつ天板に並べることにしました。
 第二次発酵のとき、室温は23.3℃、湿度55.6%でしたのでギリギリの条件でしたが、うまく2倍に膨らみました(^-^)
 ゴマは中に入れても良かったのですが、今回はトッピングにして切り込みを十字にしました。
 が、焼いたら膨れて切り込みはどこかへ行ってしまいました。
 深めに切り込んだつもりでしたが、もっと深くても良かったようです。
 何回パンを焼いてもその度に課題といいますか、次はこうしよう!という点があって面白いです。
 
[PR]
f0079927_13554035.jpg

 花粉と黄砂のアレルギーでなかなかお出かけできないやんこですが、その間に着々とパンを焼いています(笑)。
 今回は朝食用にベーコン・ポテト食パンを焼いてみました。
 いつものように第一次発酵まではホームベーカリーです。
 その後のベンチタイム〜焼成までは自分で頑張りました。
 白神こだま酵母というお手軽な天然酵母をよく使っているのですが、インスタントドライイーストに比べるともっちりふんわり焼き上がります。
 その上、ポテトを生地に練り込んでいますので、グルテンが強まりさらにもっちりとした焼き上がりになりました。
 ブラックペッパーの粒をミルで挽いて生地に混ぜてあるので、表面にもところどころ見えています。
 ペーコンとブラックペッパーでピリッとした味のパンになっています。
 このパンはダンナちゃまのお気に入りなのです☆
[PR]